□ 債務整理≪自己破産申立・個人民事再生≫

 

・債務問題は、一人で悩まず少しでも早く着手することが何よりも大切です。

「自己破産申立」
支払いが不可能な状態に陥ってしまった場合、裁判所に借金を免除してもらい生活の再建の機会を得る手続です。


「個人民事再生」
裁判所に申立てることにより、借金を圧縮し残額を分割で支払っていく手続。最大のメリットは住宅ローンを支払続けて、自宅を残すことが最大のメリットです。


 
               
  費用の目安          
 
 
  ・自己破産申立          
 
司法書士への報酬
報酬基準 150,000円(税別)〜
※債権者数及び資産状況並びに就業状況等により増減致します。

 
   
 
実費・手数料等

官報掲載手数料 10,290円 または 13,450円
収入印紙 約1,500円
郵券 約1,940円(債権者数に比例して増加します。)

 
   
   
   
   
               
  ・個人再生申立          
 
司法書士への報酬
報酬基準 住宅ローンなし 200,000円(税別)〜
報酬基準 住宅ローンなし 250,000円(税別)〜
※債権者数及び資産状況並びに就業状況等により増減致します。

 
   
 
実費・手数料等

実費はケースにより異なりますので、詳しくは面談にてご説明いたします。

 
   
   
   
   
               

             
         
≪お問い合わせ先≫
 
 
TEL 0859-21-5769
 
電話受付時間 8:30 〜 19:00

初回相談無料
平日お仕事などでお時間がとれないお客様も安心してご連絡下さい。

       
〒683-0815 鳥取県米子市東倉吉町58番地&Aビル3階
司法書士 西 尾 大 介
(鳥取県司法書士会所属 第271号)





 
  所変更登記、売買・贈与等の所有権移転登記等
担保権(抵当権・質権等)設定・抹消登記
 
  会社設立登記、役員変更登記、等各種変更登記
※重要なお知らせ
株式会社の任期伸長規定による取締役の任期切れにご注意ください。
 
  相続登記・預貯金等の解約手続等
相続放棄
≪要件が揃えば、相続発生後3か月経過後でも可能な場合が
ございます。≫
 
  公正証書遺言の作成
≪遺言書は、残されるご家族の方への思いやりです≫
 
  自己破産申立
≪少しでも早い着手が重要です≫
個人再生
≪ご自宅を所有したまま、債務の圧縮も可能≫
 
  成年後見申立・居住用不動産処分の許可申立
 



  ホーム

個人のお客様
法人のお客様
業者様

  不動産の売買・贈与登記
担保権の設定・抹消登記
相続登記及び相続手続全般
公正証書遺言作成
債務問題(自己破産・個人再生等)
 
会社・設立・法人設立
会社・法人各種変更登記
合併・分割・組織再編登記
 
             
□取扱業務概要

・不動産の売買・贈与等に伴う所有権(持分)移転登記等
・金融機関等からの借入及び返済の際の担保権(抵当権・根抵当権・質権)の設定・抹消登記
・各種会社(株式会社・持分会社(合同会社・合資会社・合名会社)・各種法人)の設立・変更登記
・相続に伴う不動産登記・金融機関等の解約手続等(戸籍収取・遺産分割協議証明書作成等含む)
・相続放棄・後見申立等(居住用不動産処分の申立等も含む)の家庭裁判所提出書類作成
・公正証書遺言の作成
・動産・債権譲渡担保権各種登記
・債務整理各種(任意整理・自己破産・個人再生等)

・裁判所作成業務全般

Copyright(C) 2016 NISHIO JusticeScrivenerOffice